SSブログ

佐藤賢一 著 女信長 荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった [歴史小説]

佐藤賢一 著 女信長  ☆☆☆☆☆

時は天文12年(1553年)斉藤道三に会う
ために信長は美濃へ赴く。

道三と会った信長は、女と見破られて処女を
奪われてしまう。

道三は信長と話し合いの末、娘の帰蝶が尾張
へ行くことを認める。

帰蝶は尾張に来てからは、美濃から来たと言
うので御濃と呼ばれるようになる。

歴史でも信長の声は甲高く、細面で信長が女
だというシチュレーションは面白い。

荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます