SSブログ
歴史小説 ブログトップ

佐藤賢一 著 女信長 荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった [歴史小説]

佐藤賢一 著 女信長  ☆☆☆☆☆

時は天文12年(1553年)斉藤道三に会う
ために信長は美濃へ赴く。

道三と会った信長は、女と見破られて処女を
奪われてしまう。

道三は信長と話し合いの末、娘の帰蝶が尾張
へ行くことを認める。

帰蝶は尾張に来てからは、美濃から来たと言
うので御濃と呼ばれるようになる。

歴史でも信長の声は甲高く、細面で信長が女
だというシチュレーションは面白い。

荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

山本兼一 著 まりしてん誾千代姫 誾千代姫は架空の人物だと思っていました [歴史小説]

山本兼一 著 まりしてん誾千代姫 ☆☆☆☆☆☆

時代小説を結構読んでいる積もりでしたが、戦国時代に於ける九州地方の
大名の有り様は、意外と知らないことを実感しました。

誾千代姫(ぎんちよひめ) 縁の深い戸次(べっき)家、高橋家、立花家など
殆ど自分の頭に有りませんでした。

図書館でこの本を目にした時も、誾千代姫は架空の人物だと思っていました。

立花家の誾千代姫は、一人っ子なので父親の道雪から七歳で家督を譲られ、
12歳になると高橋家の長男千熊丸と婚約、13歳で祝言を挙げる。

誾千代は女は腕力を必要としない鉄炮に目を付け、自ら鉄炮隊を作り率いる。

やがて立花家は、豊臣秀吉に仕えるようになり関ヶ原の戦いでは大阪方に
味方する。

殆ど知識の無い家系の物語なので新鮮に読めました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
歴史小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます