SSブログ
時代小説 ブログトップ

逢坂 剛 著 平蔵の首 ホンの一握りの側近にしか素顔を見せない。 [時代小説]

逢坂 剛 著 平蔵の首  ☆☆☆☆☆☆

1・平蔵の顔

平蔵は、ホンの一握りの側近にしか素顔を見せない。

黒蝦蟇の麓蔵は、実弟の仇を討とうと平蔵の顔を知っていると
思われる、平蔵の手先を勤めていると噂される美於に近ずく。

2・平蔵の首 

歌吉は、大銅鑼の十九八の手下である。

十九八は半年前から薬種問屋、美原屋に友次郎を送り込んでいた。

そして今夜が押し込み当日であった。

3・お役者菊松

平蔵の手先となった歌吉は、その日大銅鑼の十九八の一味
だった伊佐三に出会う。

伊佐三も火盗改に捕まったが、まだ仕事らしい仕事をして
いないと云う事で遠島となり、牢屋敷の火事に紛れて
逃げたのである。

伊佐三は鉄床の鉄五郎の仕事に歌吉を誘う。

4・繭玉おりん

平蔵の手先になって3年になる小平冶は、平蔵のお供をして
いる時、平蔵の懐を狙った子供の掏りに出会う。

その子供、三吉は紙入れを素早く女に手渡す。

三吉の姉と名乗る女は、平蔵に謝る。

平蔵は、それを許すとそれと無く小平冶に後を付けさせる。

5・風雷小僧

血を流さぬ押し込みで、盗っ人の鏡と言われている
風雷小僧の押し込みで、おせいと言う女が顔を
ナマスに切られて殺された。

その後の調べで、おせいは引き込み役の八つ下がりの
おりくと言う女盗っ人だと分かる。

6・野火止

野火止矢左衛門は、自分を狙っている者が居ると知って
罠を仕掛ける。

野火止の名を使って、仕事仲間を集めて、その中に紛れ
込んだ相手を燻り出す作戦を立てる。

短編集ですが、どの編も面白いです。

長谷川平蔵と言えば思い浮かぶのは、池波正太郎だけ
ですが、他の作家も書かれているとは驚きです。

池波平蔵のイメージが強いのでどう書くのかと思って
いましたが素顔を見せないと言うシチュレーションは
成る程と納得出来ました。



時代小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます