SSブログ
アクション小説 ブログトップ

柚月裕子 著 臨床真理・鑑定入院して来た藤木司の担当に臨床真理士の佐久間美帆がなる。 [アクション小説]

柚月裕子 著 臨床真理  ☆☆☆☆☆☆

臨床真理士である佐久間美帆は、藤木司の担当になる。

司は同じ福祉施設で暮らしていた少女の死亡時、救急
車内で暴れたため救急車が事故を起こし、本人も重傷、
救命隊員二人が重軽傷、少女も死亡するという事件で
鑑定入院して来た。

何度か診療している内、司には声が色で見える特殊能
力が有ることが判る。

司の言うことの真偽を知るために、高校時代のクラス
メートで今は警察に勤める栗原に福祉施設のことを調
べて貰う。

美帆は自分でも福祉施設へ行くが、そこで死んだ少女
彩のUSBメモリーを手に入れ栗原に預ける。

栗原の報告で、福祉施設と事業所の関係に疑問を持つ。

柚月裕子の本を初めて読んだが、面白かった。

また彼女の原作本を読んで見たいと思います。


大沢在昌 著 冬芽の人 牧しずりは転職してから隠れる様に暮らして来た [アクション小説]

大沢在昌 著 冬芽の人  ☆☆☆☆☆☆

牧しずりは、今の会社に転職してから誰とも深い
付き合いをしない様に、目立たない様に隠れる様
に暮らして来た。

彼女が前の職業である刑事の時の相棒であり、
先輩でもある前田の墓参りに行くと前田の息子と
言う岬人に出会う。

その岬人に引っ張られる様に、前田の死の真相が
分かって来る。

それはしずりが考えてもいなかった事に、前田は
悪徳警官だった。

しずりにとって、前田は仕事を教えてくれ、彼が
独立したら手伝って欲しいと誘われても居たのだ。

しずりに思いを寄せてくれる岬人を、気遣いなが
らも真相に迫る二人は果たして!!

大沢在昌は大好きな作家の一人であるが、やっぱり
彼の作品は期待を裏切る事無く面白いです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

麻生 幾 著 奪還 [アクション小説]

麻生 幾 著 奪還 ☆☆☆☆☆☆☆

国境なき医師団で働く、折原雪乃はフィリッピンミンダナオ島
中西部で起きた大地震の救援にコタバト市へ行ったが、そこで
行方が分からなくなる。

一方、元海上自衛隊2佐の河合タケシはボランティアで地元の
警察官などに武闘術を教えながら、ダバオ市のダイビング
ショップで働いていた。

そんな河合に顔見知りのレイモンドから、折原雪乃を探して
くれと言う依頼が来る。

依頼を受けるが、現地は被災者のほかにイスラム過激派や
反政府ゲリラが蠢く土地だった。

捜索して浮かび上がったセント・コタバト病院はラファエル・
M・カルデロンというマフィアの支配する犯罪なら何でも有り
のトンでもない病院だった。

その一室に折原雪乃は居たが、日本の防衛省、警察庁とアメリカ
太平洋軍が10年架けて作りあげた謀略、作戦に巻き込まれる事に
なる河合は無事に依頼を果たすことが出来るのか?

最後まで結末が分からず、面白かったです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
アクション小説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます