SSブログ

逢坂 剛 著 平蔵の首 ホンの一握りの側近にしか素顔を見せない。 [時代小説]

逢坂 剛 著 平蔵の首  ☆☆☆☆☆☆

1・平蔵の顔

平蔵は、ホンの一握りの側近にしか素顔を見せない。

黒蝦蟇の麓蔵は、実弟の仇を討とうと平蔵の顔を知っていると
思われる、平蔵の手先を勤めていると噂される美於に近ずく。

2・平蔵の首 

歌吉は、大銅鑼の十九八の手下である。

十九八は半年前から薬種問屋、美原屋に友次郎を送り込んでいた。

そして今夜が押し込み当日であった。

3・お役者菊松

平蔵の手先となった歌吉は、その日大銅鑼の十九八の一味
だった伊佐三に出会う。

伊佐三も火盗改に捕まったが、まだ仕事らしい仕事をして
いないと云う事で遠島となり、牢屋敷の火事に紛れて
逃げたのである。

伊佐三は鉄床の鉄五郎の仕事に歌吉を誘う。

4・繭玉おりん

平蔵の手先になって3年になる小平冶は、平蔵のお供をして
いる時、平蔵の懐を狙った子供の掏りに出会う。

その子供、三吉は紙入れを素早く女に手渡す。

三吉の姉と名乗る女は、平蔵に謝る。

平蔵は、それを許すとそれと無く小平冶に後を付けさせる。

5・風雷小僧

血を流さぬ押し込みで、盗っ人の鏡と言われている
風雷小僧の押し込みで、おせいと言う女が顔を
ナマスに切られて殺された。

その後の調べで、おせいは引き込み役の八つ下がりの
おりくと言う女盗っ人だと分かる。

6・野火止

野火止矢左衛門は、自分を狙っている者が居ると知って
罠を仕掛ける。

野火止の名を使って、仕事仲間を集めて、その中に紛れ
込んだ相手を燻り出す作戦を立てる。

短編集ですが、どの編も面白いです。

長谷川平蔵と言えば思い浮かぶのは、池波正太郎だけ
ですが、他の作家も書かれているとは驚きです。

池波平蔵のイメージが強いのでどう書くのかと思って
いましたが素顔を見せないと言うシチュレーションは
成る程と納得出来ました。



柚月裕子 著 臨床真理・鑑定入院して来た藤木司の担当に臨床真理士の佐久間美帆がなる。 [アクション小説]

柚月裕子 著 臨床真理  ☆☆☆☆☆☆

臨床真理士である佐久間美帆は、藤木司の担当になる。

司は同じ福祉施設で暮らしていた少女の死亡時、救急
車内で暴れたため救急車が事故を起こし、本人も重傷、
救命隊員二人が重軽傷、少女も死亡するという事件で
鑑定入院して来た。

何度か診療している内、司には声が色で見える特殊能
力が有ることが判る。

司の言うことの真偽を知るために、高校時代のクラス
メートで今は警察に勤める栗原に福祉施設のことを調
べて貰う。

美帆は自分でも福祉施設へ行くが、そこで死んだ少女
彩のUSBメモリーを手に入れ栗原に預ける。

栗原の報告で、福祉施設と事業所の関係に疑問を持つ。

柚月裕子の本を初めて読んだが、面白かった。

また彼女の原作本を読んで見たいと思います。


大沢在昌 著 冬芽の人 牧しずりは転職してから隠れる様に暮らして来た [アクション小説]

大沢在昌 著 冬芽の人  ☆☆☆☆☆☆

牧しずりは、今の会社に転職してから誰とも深い
付き合いをしない様に、目立たない様に隠れる様
に暮らして来た。

彼女が前の職業である刑事の時の相棒であり、
先輩でもある前田の墓参りに行くと前田の息子と
言う岬人に出会う。

その岬人に引っ張られる様に、前田の死の真相が
分かって来る。

それはしずりが考えてもいなかった事に、前田は
悪徳警官だった。

しずりにとって、前田は仕事を教えてくれ、彼が
独立したら手伝って欲しいと誘われても居たのだ。

しずりに思いを寄せてくれる岬人を、気遣いなが
らも真相に迫る二人は果たして!!

大沢在昌は大好きな作家の一人であるが、やっぱり
彼の作品は期待を裏切る事無く面白いです。



佐藤賢一 著 女信長 荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった [歴史小説]

佐藤賢一 著 女信長  ☆☆☆☆☆

時は天文12年(1553年)斉藤道三に会う
ために信長は美濃へ赴く。

道三と会った信長は、女と見破られて処女を
奪われてしまう。

道三は信長と話し合いの末、娘の帰蝶が尾張
へ行くことを認める。

帰蝶は尾張に来てからは、美濃から来たと言
うので御濃と呼ばれるようになる。

歴史でも信長の声は甲高く、細面で信長が女
だというシチュレーションは面白い。

荒唐無稽な話でも、良く書けていて良かった。


柴田よしき 著 私立探偵・麻生龍太郎 短編小説だが、全部面白かったです [探偵物]

柴田よしき 著 私立探偵・麻生龍太郎 ☆☆☆☆☆☆

1・OUR HOUSE

依頼者は唐沢尚子、探し物はタイムカプセル。

埋めたのは、30年前で尚子が小学校1~2年生の頃で、その頃
仲の良かった男の子と二人の秘密だ。

その男の子も今では見つからないし判らない。

調査している内に、相手の男が岩倉一雄と判明する。

2・TEACH YOUR CHILDREN

今回の依頼者は慧愛学園中学校の校長である石田恒夫だった。

全く心当たりのないセクハラで、テレビにも出ている有名弁護士の
桜井悦子から、民事訴訟を起こされた。

何が原因なのか調べて欲しいとの依頼だった。

調査して判った女と男の意識の違いとは?

3・DEJA VU

朝から風邪ぎみの龍太郎は、医院へ行き処方箋を貰った。

処方箋を持って調剤薬局へ行くが、込んでいたので処方箋を
預けて出直すことにした。

すると若い薬剤師が、薬を持って来てくれて、帰り際に、
前に会ったことが無いか聞かれる。

龍太郎もそんな気がしていたのだ。

薬を持って来て貰った親切に答えて、その薬剤師が巻き込まれた
殺人事件から救う事になる。

4・CARRY ON

辞め検で弁護士の後藤絹子から別荘で盗難にあったアレキサンド
ライトという宝石を取り戻して欲しいと頼まれる。

しかも犯人は犀川修造だと言うのである。

そこで犀川修造を訪ねると、犀川修造からも婚約指輪のルビーを
贈った相手の啓子さんが婚約を破棄した理由を調べて欲しいと
依頼される。

短編小説だが、全部面白かったです。



麻生 幾 著 奪還 [アクション小説]

麻生 幾 著 奪還 ☆☆☆☆☆☆☆

国境なき医師団で働く、折原雪乃はフィリッピンミンダナオ島
中西部で起きた大地震の救援にコタバト市へ行ったが、そこで
行方が分からなくなる。

一方、元海上自衛隊2佐の河合タケシはボランティアで地元の
警察官などに武闘術を教えながら、ダバオ市のダイビング
ショップで働いていた。

そんな河合に顔見知りのレイモンドから、折原雪乃を探して
くれと言う依頼が来る。

依頼を受けるが、現地は被災者のほかにイスラム過激派や
反政府ゲリラが蠢く土地だった。

捜索して浮かび上がったセント・コタバト病院はラファエル・
M・カルデロンというマフィアの支配する犯罪なら何でも有り
のトンでもない病院だった。

その一室に折原雪乃は居たが、日本の防衛省、警察庁とアメリカ
太平洋軍が10年架けて作りあげた謀略、作戦に巻き込まれる事に
なる河合は無事に依頼を果たすことが出来るのか?

最後まで結末が分からず、面白かったです。



森 詠 著 彷徨う警官 20年前、恋人を事件で失った北郷は、自分で捜査する為に警察官に [復讐もの]

森 詠 著 彷徨う警官  ☆☆☆☆☆☆☆

この小説に出てくる地名は、自分の生活圏(蒲田、川崎、大鳥居、
西六郷、大森南、徳持小学校、八景島、東矢口等など)と重なって
いたので特に面白かったです。

20年前、高校2年生の時、恋人を事件に巻き込まれた形で失った
北郷は、自分で捜査する為に警察官の職業を選んだ。

20年経って漸く蒲田署勤務となったのだ。

もう時効の事件なのに、次々と証言が得られる。

事件には、奪われた給料よりも、シャブや精密機械が絡んで
いる事が分かってくる。

しかも公安、関西や蒲田のヤクザ、北朝鮮の名まで出てくる。

やがて犯人として中国マフィアの殺し屋、張の名前が浮上してくる。

張の出入国記録から時効の壁も崩れる。

北郷は、恋人の仇を討てるのか?



新堂冬樹 著 女王蘭 自分を騙し、父親を自殺に追い込んだ男に報復を誓う女の物語 [復讐もの]

新堂冬樹 著 女王蘭  ☆☆☆☆☆☆

キャバクラ、ピップレディで働き始めて一ヶ月で
No1になった優姫。

その発表でのスピーチでピップレディを止めると宣言する。

優姫がキャバ嬢になった目的は、藤堂観光の藤堂に
少しでも近ずくためだった。

自分を騙し、父親を自殺に追い込み、優姫達の
土地を手に入れた憎い相手だった。

ピップレディを止めると、その足でフェニックスの
面接を受けに行く。

面接で出会った店長の立花は、同じように藤堂観光に
怨みを持っていた。

立花と組んで二人はキャバクラの頂点を目指す。

テレビでも映像化された作品で面白いです


山本兼一 著 まりしてん誾千代姫 誾千代姫は架空の人物だと思っていました [歴史小説]

山本兼一 著 まりしてん誾千代姫 ☆☆☆☆☆☆

時代小説を結構読んでいる積もりでしたが、戦国時代に於ける九州地方の
大名の有り様は、意外と知らないことを実感しました。

誾千代姫(ぎんちよひめ) 縁の深い戸次(べっき)家、高橋家、立花家など
殆ど自分の頭に有りませんでした。

図書館でこの本を目にした時も、誾千代姫は架空の人物だと思っていました。

立花家の誾千代姫は、一人っ子なので父親の道雪から七歳で家督を譲られ、
12歳になると高橋家の長男千熊丸と婚約、13歳で祝言を挙げる。

誾千代は女は腕力を必要としない鉄炮に目を付け、自ら鉄炮隊を作り率いる。

やがて立花家は、豊臣秀吉に仕えるようになり関ヶ原の戦いでは大阪方に
味方する。

殆ど知識の無い家系の物語なので新鮮に読めました。


喜志 祐介 著  悪の教典 劇場公開された映画の原作 [ホラー・恐怖小説]

喜志 祐介 著  悪の教典 ☆☆☆☆☆
劇場公開された映画の原作なので、多くの方はこの小説のスジを
知っているかも知れません。

辰光学院町田高校に勤務する蓮実聖司は、ハスミンと生徒に呼ばれる
ルックス、スタイルの良い、弁舌爽やかで教師やPTAの受けも
良い人気教師です。

しかし彼には共感能力の欠如という疾患が有った。

他人の気持ちが理解出来ないので、自分の思う通りにならないことや
邪魔な物は排除して生きて来たのです。

清田勝史が娘のイジメに付いて何度か、学校に苦情を言って来たときも
段々面倒になり、放火して全てを終わらせてしまう。

生徒は、偶々不在で助かったが、家に居た家族は焼死してしまった。

蓮実の前任校である都立高校でも、4人が不振な自殺をしていた。

その他、子供の頃から自分に邪魔だと思える人間を何人も、それに
気付いた両親さえも排除して来た。

アメリカ留学中も、それと分からないように排除して来たし、その後、
国際投資銀行に勤務して成績を上げて多いに稼いだが、トップの弱点を
掴んだためアメリカへの入国の出来ない身にされていた。

そんな蓮実にとって、高校は選り取りみどりの美味しい果実のなる楽園だった。

悪魔を抱え込んだ高校と蓮実の運命はどうなる!!

主人公の立場で読むか、生徒や被害者の立場で読むかで大分変わります。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます