SSブログ

森 詠 著 彷徨う警官 20年前、恋人を事件で失った北郷は、自分で捜査する為に警察官に [復讐もの]

森 詠 著 彷徨う警官  ☆☆☆☆☆☆☆

この小説に出てくる地名は、自分の生活圏(蒲田、川崎、大鳥居、
西六郷、大森南、徳持小学校、八景島、東矢口等など)と重なって
いたので特に面白かったです。

20年前、高校2年生の時、恋人を事件に巻き込まれた形で失った
北郷は、自分で捜査する為に警察官の職業を選んだ。

20年経って漸く蒲田署勤務となったのだ。

もう時効の事件なのに、次々と証言が得られる。

事件には、奪われた給料よりも、シャブや精密機械が絡んで
いる事が分かってくる。

しかも公安、関西や蒲田のヤクザ、北朝鮮の名まで出てくる。

やがて犯人として中国マフィアの殺し屋、張の名前が浮上してくる。

張の出入国記録から時効の壁も崩れる。

北郷は、恋人の仇を討てるのか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます